生理前にできるニキビ、今から実践できる2つの予防策

生理前にできるニキビの原因に女性ホルモンの「黄体ホルモン」が関係しています。
排卵後は妊娠を継続させる環境を作り出すため、黄体ホルモンの分泌量が増えます。
生理前にできるニキビ、今から実践できる2つの予防策

妊娠が成立しなかった場合、黄体ホルモンの分泌が急激に低下。
よって子宮内膜が剥がれて生理になるメカニズムです。

黄体ホルモンは皮脂分泌を増やす作用があるため、毛穴に皮脂が詰まりやすくなりニキビを発生させます。
もともとニキビがある方は悪化することも。

また、黄体ホルモンは肌の水分量も低下させます。
ふだんより肌が乾燥しやすくなり、肌を守るために皮脂分泌が盛んに。

よって、さらにニキビが発生しやすい環境を作ることになるのです。
となると皮脂分泌を抑えるためにすべきケアをすれば改善できるはす。

そこでまず心がけたいのは、生理前に「油っこいものを食べない」ことです。
特に脂身の多いお肉やジャンクフード、スナック菓子などは要注意。

和食中心を心がけ、野菜をたっぷり食べることでニキビ予防につながります。