カラダの中からはじめるニキビケアとは

●カラダの中からニキビを治す
みなさんはニキビができたらどんな対策をしますか?
多くの方は洗顔を丁寧にするよう心がけたり、
使っているスキンケア化粧品をニキビ用のものに変えたりします。
しかし本当にそれだけで肌がキレイになるでしょうか。
スキンケアで肌の状態を改善しようとするのは間違いではありませんが、
肌をキレイにする手段のひとつに過ぎません。
本当にニキビのないキレイな素肌を作りたいのなら、
ニキビができる大きな原因である体内環境を変えなければなりません。
既にできてしまったニキビをどうこうするのではなく、
今後ニキビができないカラダに変えることが重要なのです。

●スキンケアは必要ない?
では体内から健康になればスキンケアは必要ないのでしょうか。
もちろん答えは「NO」で毎日のスキンケアも大切なニキビケアです。
ニキビ対策の基本である「肌を清潔に保つ」という要素は、
体内環境の改善だけではできません。
顔についた汚れ・皮脂・細菌などは洗顔で洗い流し、
殺菌効果のあるスキンケア化粧品を使うことでニキビの発生を抑えられます。
つまりカラダの内と外の両方からケアすることが重要で、
どちらか片方だけでは十分な効果は得られないということです。
ニキビを抑えるためには殺菌・保湿効果に優れたプロアクティブがお勧め。
リニューアルされて肌への刺激が少なくなり、
敏感肌でも安心して使えるようになりました

参考:プロアクティブ

●健康状態は肌に現れるもの
肌を見ればその人の健康状態が分かると言われるほど、
人の肌には体調や心身の状態を示すサインが現れます。
例えばお通じが悪く便秘がちな人は吹き出物ができたり、
日常生活において強いストレスを抱えている人は肌が荒れたり、
顔色が悪く疲れた表情に見えるものです。
それとは対照的に恋する女性はキレイになると言うように、
大好きな恋人と楽しそうに歩く女性の肌は明るく紅潮し、
幸せなオーラが溢れているように見えます。
このように体内の状態は覗いて見ることができなくても、
肌を見れば心身状態がどうなのかが判断できるのです。

●ニキビを治すためにやるべきこと
カラダの中からニキビを治すためには、
まず最初に生活のリズムを整えることからはじめます。
食生活や睡眠のリズムを乱さないように心がけ、
ホルモンの働きを正常な状態に保つ努力をします。
その他で特にニキビに直結しやすいのが便秘。
普段から便秘がちで3日以上も便通がない人は要注意。
まずは便秘解消のために以下のことを試してください。

・食後は便意がなくてもトイレに入る
・食物繊維の多い食品を積極的に摂取する
・水泳やウオーキングなどを行って代謝をアップさせる
・下腹部を自分でマッサージしてみる

参考:便秘の仕組みについて